戻る
Maestro

Maestro

  •  G.I.S.
  •  防衛側
    • アーマー 
    • スピード 
  • Maestroは8人兄弟の長男としてローマで育ち、18歳の時にモデナの陸軍士官学校に入学する。その後カラビニエリに入り、トゥスカーニアの名で知られる第1落下傘連隊のエクスプローラー・パラトルーパーとなる。

固有の能力

イーヴィルアイ Maestroは遠隔操作式で高エネルギーレーザーを放つターレットを駆使して戦う。床や壁に設置したターレットは、旋回式カメラによる遠隔監視に使用できる。レーザーを発射する際は装置が開き、中心部を攻撃できる状態になるものの、開いていない限り弾や近接攻撃は通らない。さらにイーヴィルアイは煙を見通すことができる。

装備

メインウェポン

  • ALDA 5.56
  • ACS12

サブウェポン

  • KERATOS .357ピストル
  • Bailiff 410ピストル

ガジェット

  • 有刺鉄線
  • 展開型シールド

バイオグラフィ

  • 本名: アドリアーノ・マルテッロ
  • 生年月日: 4月13日 - (45歳)
  • 出身地: イタリア、ローマ
「コンゴで夜中に木から沼に飛び込んだ話はしたことがあったか? ないか? いや、あれは傑作でな――」

バックグラウンド
アドリアーノ・マルテッロは8人兄弟の長男として育ち、モデナの陸軍士官学校に入学する。その後カラビニエリに入り、第1落下傘連隊「トゥスカーニア」のエクスプローラー・パラトルーパーとなる。軍務で優れた功績を残し、銀と銅の勲章を与えられたマルテッロは、特殊介入部隊のメンバーに抜擢された。イラクでの共同作戦では即席爆弾により負傷した。その後イタリア国内でも数々の現場を経験し、最終的にイタリア軍クラス3の教官を務めることになった。

マルテッロは、クラス3や民間軍事企業向けの訓練プログラムを提供する優秀な民間コンサルタントに転身する。その後、トゥスカーニアは特殊部隊を強化するため、再入隊を要請した。彼はこれをきっかけに、イタリアの代表者としてレインボー部隊に参加することになった。

パーソナリティレポート
アドリアーノ・マルテッロにMaestro(マエストロ)というニックネームがついたのは、基礎訓練中に他の兵士に手を貸すために自分が犠牲になることを厭わなかった彼の性格に由来する。彼をおせっかいだと快く思わなかった兵士もいるようだが、彼の指導法がより洗練されたことは確かだろう。学生時代の記録も見返したが、彼が喧嘩をするのは、いつも自分の弟や妹を守るためだった。

マルテッロは常に仲間に敬意を払い、他のメンバーが力を最大限発揮できるように努めている… そのため、我々のオペレーターでも驚くような迫力の檄を飛ばすこともある。彼はいつも何かしらの主張をしているが、その姿からは一切の二面性が見られず、それが彼の抗いがたいほどの魅力となっている。

マルテッロ最大の弱点は持ち前の旅行熱にある。彼は困難を前にすると挑戦せずにはいられないのだが、目的を一度達成してしまうと、そこに留まることはない。イラクでの作戦以来、カウデンとの間に友情が芽生えたが、それでもマルテッロがレインボー部隊に留まる可能性は低いように思える。アリア・デ・ルカ、通称Alibiとの関係はまた別の話になるだろう。2人はスパイダーワスプ作戦で密接に協力し合った仲だが、彼らの過去に何かあったかどうかは不明である… 少なくとも現時点では。

マルテッロを留めておくためにはそれなりの「餌」が必要になるだろう。つまり、彼に困難な課題を与え続ける必要がある。例えば、Smokeこと、ジェームス・ポーターとボクシングで競わせるのはどうだろう。マルテッロはローマのルンゴテヴェレ沿いの低所得者が多い地域で育ち、そこで地元民と交流している。その地域ではボクシングが伝統文化として確立されているので、ポーターと競わせることで、彼の少年時代の良い思い出がレインボー部隊とリンクできるのではないかと考えている。

もうひとつあり得るのは、Thatcherこと、マイク・ベイカーを関わらせることだ。マルテッロは心の底から彼を尊敬している。この敬意がマルテッロをレインボー部隊に繋ぎとめる力になるかもしれない。

オペレーターのトレーラー