[2019-03-18] DEV BLOG: REVERSE FRIENDLY FIRE

開発者ブログ:リバースフレンドリーファイヤー

2019/03/19 12:00 午後

このシステムの目標は、フレンドリーファイヤーの仕組みを悪用するプレイヤーの影響を抑制しつつ、事故は起こり得るという柔軟性を保つことです。テストサーバーのランクとカジュアル双方のプレイリストからデータとフィードバックを収集し、本実装前にそれを何度か繰り返し実施します。

違反プレイヤーへの影響

リバースフレンドリーファイヤーの実装により、プレイヤーが仲間または人質を撃つと、そのプレイヤーの画面に警告メッセージが表示されます。オペレーター固有のガジェット(例: マエストロのイーヴィルアイやTwitchのドローン)を使用して仲間を負傷させた場合も同様です。


最初のチームキルが認定された後からは、その後に仲間や人質に与えたダメージはプレイヤーに返ってくるようになります。オペレーター固有のガジェットでダメージを与えた場合は、返されたダメージはガジェットそのものに影響を与えます。

リバースフレンドリーファイヤーが有効になると、違反プレイヤーの画面に通知メッセージがポップアップします。違反プレイヤーのステータス変更については、キルフィードでマッチ内の全プレイヤーに通知されます。


チーム認定のチームキル

チームキルされたプレイヤーは、キルカメラ表示中に故意にチームキルされたかどうかを認定することができます。プレイヤーがキルを故意のものだったと認定した場合、リバースフレンドリーファイヤーは違反プレイヤーに有効なままになります。プレイヤーが故意ではなかったと判断した場合は、リバースフレンドリーファイヤーは無効になります。

被害者が決断をしなかった場合は、リバースフレンドリーファイヤーはデフォルトで有効になります。


ペナルティ

故意のチームキルが認定されたら、違反プレイヤーをキックする代わりにマッチを通してリバースフレンドリーファイヤーが有効になるようになります。私たちは継続的にチームキルの調査を行い、繰り返し違反行為が認められた場合は制裁措置をとる場合があります。

YEAR 4、そしてそれ以降も迷惑行為への対処を続けていきます。リバースフレンドリーファイヤーのシステムについてフィードバックやお気づきの点があれば、フォーラムと公式サブレディットまでお知らせください!

おすすめ

[2019-05-17] Declassified 7 Header

「機密解除」 第7回

「機密解除」コーナーの時間がやってきました。今週もレインボーシックスシージ・コミュニティ内のクリエイターたちとその力作にスポットライトを当てましょう!

2019/05/2412:00 PM

続きを読む

[2019-05-17] Warden Blog header

Warden登場

Y4S2 防衛オペレーターについて知ろう

2019/05/1712:00 PM

続きを読む